新居での最初の食事はピザとお寿司

新居での最初の食事はピザとお寿司宮城県での引っ越し作業が全て終わり、玄関の明かりをつけたとき、「これからここで生活するんだ」と嬉しくなりました。
その日の夜は気も大きくなっていて、普段ならぜいたく品のピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきて祝杯を挙げました。
新しい生活にわくわくしています。

引っ越しもいろいろな方法がありますが、私の場合は大きい家具だけ業者に運んでもらい、あとのものは自分たちで運びました。そういした方が結果的に宮城での引越しを格安でできたのです。

そうした荷物の移動を終えた後で、市役所に行って住民票の移動も終えてきました。いろいろなハプニングもありましたが、何人もの方が協力してくださり、人のありがたみを知りました。

ご近所への挨拶も済ませ、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。

この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、クローゼットのあらゆるものを引っ張り出してみたところ、もう使わないものが大半だったので自分に腹が立ちました。

特に服は何年も着ていないものばかりでした。そんなわけで、引っ越しのためにいらないものを手放すことができ、自分の持ち物も、自分の心もスッキリしました。専門の業者にお願いすると、引っ越しの費用は日によって違うのが当たり前のようです。

どうしても春先は、学校や職場が変わるため引っ越しが増えます。そのため業者が見積もる値段も高めになります。
同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。

関連コンテンツ
さっちんの紅毛碧眼
終了時間は条件によってずいぶん異なる